会社案内

沿革

1920年4月 東京都麻布八幡町に八幡製餡所を開業
1924年8月 東京都世田谷区三宿に販路拡充の為移転。
番場製餡所と改名。東京城西方面に販路を見い出す
1947年8月 東京都世田谷区三宿も灰土となり、
東京都世田谷区東玉川に移転、製あん業を開業。
1950年10月 東京都世田谷区代沢に世田谷工場を新設。
組織を法人とし、株式会社番場製餡所と改組、資本金70万円。
1952年 資本金150万円に増資。
1956年 資本金300万円に増資。
1970年 資本金600万円に増資。
1973年 代沢工場刷新の為、隣接地に新工場を建設。
同時に隣接地松富ビル1階に煉りあん部を増設、加糖あん製造を開始する。
資本金1200万円に増資。
1986年 世田谷工場における生産能力の飽和状態のため、山梨工場建設。
1988年11月 山梨県中央市木原(旧山梨県東八代郡豊富村)に山梨工場施工。製造部門を移設。
1991年1月 世田谷本社機能を、川崎市高津区に移転、新設施工。
1996年 資本金2700万円に増資。
2000年10月 株式会社ばんばに社名変更
2005年3月 山梨工場 製品常温庫、自動梱包機増設。
2006年4月 本社 開発室設立。
山梨工場 試作室設立
2013年6月 エックス線異物検出器、導入。